スパイダーマン

スパイダーマンのワンモアデイその後を描く作品は?読む順番やノーウェイホームとの関係

スパイダーマンのワンモアデイその後を描く作品は?-読む順番やノーウェイホームとの関係

「スパイダーマン:ワンモアデイ」とは、2007年に発売された全4話構成のコミックです。

当作は3種のスパイダーマンシリーズで構成されたクロスオーバーで、「シビルウォー」の続編になります。

今作では多くの設定が変更され、後に始まる新たな物語の礎を築いた作品としての注目も集まりました。

ただスパイダーマンのコミックは種類も多いですよね。

ワンモアデイのその後を描いた続編やそもそも読む順番が分からない!って方も多いのではないでしょうか。

また、映画ノーウェイホームの元ネタにワンモアデイが関係しているのはご存知ですか?

そこでこの記事では、

  • スパイダーマンのワンモアデイその後を描く作品は?
  • ワンモアデイを含むコミックを読む順番は?
  • 映画ノーウェイホームの元ネタはワンモアデイ?
  • ワンモアデイのネタバレあらすじ

について紹介していきます!

スパイダーマンのワンモアデイその後を描く作品は?

ワンモアデイの続きを描いた作品はどの作品になるのでしょうか?

ワンモアデイの続編に当たる作品は、

「スパイダーマン:ブランニュー・デイ」

スパイダーマン:ブランニュー・デイは2008年1月から7月にかけて連載されました。

ワンモアデイのラスト後の世界で生きていくスパイダーマンの活躍を描いた内容となっています。

日本語版が刊行されたのは2012年12月。

小学館集英社プロダクションより、全3巻にかけて出版されました。

前作にあたるで様々な設定がリセットされたため、ある意味新たな物語の序章としての側面も持った作品でもあります。

そのため既存シリーズの知識がない方でもスムーズに読むことができますよ!

ワンモアデイを含むコミックを読む順番は?

ワンモアデイを読みたい場合、実際はどのコミックから読めば話が分かるのでしょうか?

当作をより楽しむために、読んでおくべき過去作品の順番は下記の通りです!

  1. シビル・ウォー(2006〜2007年)
  2. ワンモアデイ(2007年)
  3. ブランニューデイ(2008年)

スパイダーマンのコミック版の歴史は長く、デビュー誌の刊行は1963年にまで遡ります。

長い歴史の中では莫大な数のコミックが発売されており、ワンモアデイを読もうと思っても理解できるか不安になりますよね。

ですがワンモアデイを楽しみたいなら、前作のシビル・ウォーから読み始めればOKです!

ワンモアデイで歴史が大きく変わり、その設定をしっかり引き継いでいるのがブランニューデイ。

既述したように、ブランニューデイからでも読み始めることはできます。

ですが、過去2作品を読んでいた方が何倍も楽しむことができます。

3作品とも日本語版が出版されていますので、是非一度通して読んでみてはいかがでしょうか。

映画ノーウェイホームの元ネタはワンモアデイ?

公開前から「ワンモアデイが元ネタなのでは?」と話題になっていましたが、実際はどうなのでしょうか?

結論から言うと、

内容はワンモアデイとかなり酷似しています。

その主な理由として、スパイダーマンの正体についての記憶を消すよう依頼する場面などが挙げられていました。

公式の声明こそありませんが、SNS上ではワンモアデイがモデルになったことは共通認識されています。

細部の違いはあれど、ワンモアデイもノーウェイホームもどちらもチェックしておいたら何倍も楽しめるはず!

既にノーウェイホームを視聴してしまった方も、ワンモアデイを読み返すと新たな発見があって面白いかも知れませんよ!

ワンモアデイのネタバレあらすじ

スパイダーマンの存在をよく思わない悪人からの襲撃によって重傷を負った叔母のメイ。

病院へ向かう途中、ピーターはとある赤毛の女の子、メフィスト(悪魔)から取引を持ちかけられます。

メフィストはメイの命を救う代わりにメリーとの結婚解消を要強。

悪魔にとって夫婦間の愛は魂より価値が高く、メフィストがそれを欲していたからです。

ピーターは一晩考え抜き、その取引に条件付きで応じることにしました。

その条件が、「スパイダーマンの正体についての記憶を世界中から消す」こと。

メフィストもそれを承諾し、ピーターとメリーは知り合う前の関係に戻ります。

その対価として、ピーターは自身の正体についての記憶を世界中から消し去り、メイの命も救いました。

スパイダーマン関連記事一覧

スパイダーマンに関する記事はまだまだたくさんあります!気になるものをクリックするべしー!

出演者・キャラ関連記事


スパイダーマン

メリージェーン

ベンおじさん

ハリーオズボーン

編集長

ハッピー

デッドプール

デアデビル

レオパルドン

 敵・ヴィラン関連記事


ドクター
オクトパス

ノーマン
オズボーン
(ゴブリン)

ヴァルチャー

マックス
(エレクトロ)

キングピン
作品について

まとめ

ということで、この記事では、

  • スパイダーマンのワンモアデイその後を描く作品は?
  • ワンモアデイを含むコミックを読む順番は?
  • 映画ノーウェイホームの元ネタはワンモアデイ?
  • ワンモアデイのネタバレあらすじ

について紹介しました!

Q.スパイダーマンのワンモアデイその後を描く作品は?

→ブランニュー・デイ

Q.ワンモアデイを含むコミックを読む順番は?

  1. シビル・ウォー(2006〜2007年)
  2. ワンモアデイ(2007年)
  3. ブランニューデイ(2008年)

Q.映画ノーウェイホームの元ネタはワンモアデイ?

→物語内容が酷似している

Q.ワンモアデイのネタバレあらすじ

→叔母を助け、自身の正体の記憶を消すためにメリーとの結婚を解消

ということでした!

2022年にノーウェイホームが映画化されたこともあり、15年の時を超えて再び脚光を浴びているワンモアデイ。

切ない物語ではありますがファンの間では評価が高く、後に続く物語の序章としてもかなり重要な分岐点になっています。

ノーウェイホームと併せてセットで読む事で、更にスパイダーマンの世界を楽しめるはず!

まだ未読の人は、是非ノーウェイホーム公開を機に一度読んでみてください。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!