スパイダーマン

スパイダーマンのグリーンゴブリンとホブゴブリンの違いは?ホブゴブリンについて徹底調査!

人気映画「スパイダーマン」シリーズ。

その中でも重要なヴィランの一人「ホブゴブリン」。

実はホブゴブリンは何代にもわたって存在しているのです。

本記事では

  • スパイダーマンのグリーンゴブリンとホブゴブリンの違いは?
  • スパイダーマンのホブゴブリンの正体は?  
  • スパイダーマンのネッドは原作コミックでどんな人?

以上についてお伝えしていきます!

スパイダーマンのグリーンゴブリンとホブゴブリンの違いは?

スパイダーマンのグリーンゴブリンとホブゴブリンの違いは、一体何なのでしょうか?

ホブゴブリンは、

グリーンゴブリンの模倣犯です。

ホブゴブリンは、グリーンゴブリンのアジトに侵入して武器や衣装を盗みました。

それに改良を加え犯罪に利用しているのです。

グリーン・ゴブリンの代表的な武器であるゴブリン・グライダーやパンプキン爆弾。

これらにも改良を加えて実際の戦いに使用しています。

また、グリーンゴブリンが身体を強化した血清にも改良を加えて使用しています。

最大の難点であった“精神に異常をきたす”という副作用を無くすことに成功しています。

ホブゴブリンはグリーンゴブリンをより強くした手強い敵であると言えます。

スパイダーマンのホブゴブリンの正体は?  

https://twitter.com/makura_MARVEL/status/1504789938013114371?s=20&t=8W5cS-uR2vQYE0qgLobHXw

ホブゴブリンはスパイダーマンシリーズの手強いヴィランです。

一体その正体は誰なのでしょうか?

実は

ホブゴブリンはこれまで

3人存在しており、

代替わりしています。

基本的にオレンジを基調としたコスチュームを着ています。

誕生のきっかけは、初代ホブゴブリンとなったロデリック・キングスレーです。

彼はグリーンゴブリンの名声と地位を奪うため、ホブゴブリンとなりました。

さらに自身の勢力を強めるため、周囲の人物を洗脳し、ホブゴブリンを複数人創り出します。

初代・ホブゴブリン

初代・ホブゴブリンとなったのは

ロデリック・キングスレーです。

彼はファッション・デザイナーとして働いており、億万長者でした。

貪欲なビジネスマンでもあり、富と名声のためなら盗作もいとわないような性格。

ある日デザイナーのナーダ・ラバンナは、キングスレーから盗作被害を受けます。

ナーダは彼に復讐するためにヴィランの「ベラドンナ」となって襲い掛かりました。

しかし駆けつけたスパイダーマンによってキングスレーは救われます。

この事件をきっかけに反省するのではなく、自分の身を自分で守るための力を得ることを目指します。

二代目・ホブゴブリン

二代目・ホブゴブリンは

アーノルド・サミュエル・

ドノヴァンです。

彼は初代・ホブゴブリンであるロデリックによるマインドコントロールを受けます。

そして二代目ホブゴブリンとなってしまうのです。

彼が洗脳されたきっかけは、初代ホブゴブリンがスパイダーマンに敗れたことです。

その後、自身の周囲を強くするためにドノヴァンを洗脳します。

しかし彼はスパイダーマンとの戦いで、マスクを剥がれた上に洗脳が解け始めてしまいます。

最期は初代ホブゴブリンにに殺害されてしまいます。

三代目・ホブゴブリン

三代目ホブゴブリンは、

ネッド・リーズです。

彼は映画「スパイダーマン:ホームカミング」で初登場します。

映画ではネット・リーズはピーター・パーカーが通うミッドタウン高校の親友です。

ある日、ピーターの部屋でレゴを作って待っていたネッド。

スパイダーマンのスーツを着て窓から帰ってきたピーターと鉢合わせしてしまうのです!

唯一の親友がYouTubeで見ていたスパイダーマンだったという事実に大はしゃぎしてしまいます。

しかし、彼はこの事実を誰にも話さないとピーターに誓うのです。

ネッドは、とても純粋で良い青年なのです。

しかし原作コミックでは、初代ホブゴブリンに洗脳され三代目ホブゴブリンになってしまいます。

スパイダーマンのネッドは原作コミックでどんな人?

ネッド・リーズは映画版とコミック版でまったく設定が違います。

原作コミックでは、

ピーターの友人ではなく、

新聞社の記者というキャラクターです。

元々は新聞社デイリー・ビューグルの記者だったネッド。

彼は記者としてスパイダーマンと初代ホブゴブリンとの戦いを追いかけていました。

しかしホブゴブリンに捕まり、洗脳されて三代目ホブゴブリンとなってしまいます。

「三代目」といっても、二代目と同じく初代の操り人形として生きていきます。

その後は暗殺者により、デイリー・ビューグル社の記者ネッド・リーズとして殺害さレテしまいます。

ヴィランに操られたまま命を落としてしまうなんともかわいそうな人生を歩んでしまうのです。

スパイダーマン関連記事一覧

スパイダーマンに関する記事はまだまだたくさんあります!気になるものをクリックするべしー!

出演者・キャラ関連記事


スパイダーマン

メリージェーン

ベンおじさん

ハリーオズボーン

編集長

ハッピー

デッドプール

デアデビル

レオパルドン

 敵・ヴィラン関連記事


ドクター
オクトパス

ノーマン
オズボーン
(ゴブリン)

ヴァルチャー

マックス
(エレクトロ)

キングピン
作品について

まとめ

というわけで本記事では

  • スパイダーマンのグリーンゴブリンとホブゴブリンの違いは?
  • スパイダーマンのホブゴブリンの正体は?  
  • スパイダーマンのネッドは原作コミックでどんな人?

以上についてお伝えしました!

Q.スパイダーマンのグリーンゴブリンとホブゴブリンの違いは?

→ホブゴブリンはグリーンゴブリンの模倣犯。

Q.スパイダーマンのホブゴブリンの正体は? 

→初代から三代目まで存在している。

初代ホブゴブリンが勢力を強めるため何代も創り出した。

Q.スパイダーマンのネッドは原作コミックでどんな人?

→原作では、新聞記者というキャラクター。

グリーンゴブリンの模倣犯として存在したホブゴブリン。

1人だけではなく何人もいるというのが驚きですよね。

しかし初代ホブゴブリンは2代目を殺してしまうなど残虐な行為に及んでしまいます。

2代目、3代目は非常にかわいそうな役柄ですよね。

最後までお読みいただき

ありがとございました!