スパイダーマン

スパイダーマンの舞台挨拶でストーンズが炎上した?批判や選ばれた理由について

スパイダーマンの舞台挨拶でストーンズが炎上した?批判や選ばれた理由について

アメリカの人気映画スパイダーマンシリーズの最新作、「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」。

ジャニーズの若手グループ「ストーンズ」が日本語吹き替え版主題歌を歌唱することが決定しました。

ジャニーズファンとしては喜ばしいことですが、一部の映画ファンからは非難が殺到しているようです。

この記事では、

  • スパイダーマンの舞台挨拶でストーンズが炎上した?
  • 舞台挨拶にストーンズの登場で最悪の事態に!
  • ストーンズが批判される理由
  • スパイダーマンにストーンズの曲は合わない?
  • なぜストーンズが選ばれたのか?

上記について考察していきます!

スパイダーマンの舞台挨拶でストーンズが炎上した?

主題歌を担当したストーンズが、舞台挨拶で炎上したのは本当なのでしょうか?

ストーンズは

実際に炎上しています。

その理由は、舞台挨拶の際の期待はずれのサプライズ登場

2022年1月、東京都内で行われた映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の舞台挨拶にストーンズが登壇。

日本語吹き替え版主題歌を担当したストーンズ。

振付けに同作の世界観を取り入れた「Rosy」を生歌唱しました。

その模様は全国の劇場335館に生中継され、披露後にはメンバーそれぞれが挨拶。

SixTONESファンには嬉しいサプライズでしたが、映画ファンからは非難の声が上がりました。

中継先の映画館ではがっかりして途中退席する観客の方もいたそうです。

舞台挨拶にストーンズの登場で最悪の事態に!

ストーンズのサプライズ登場に、なぜこのように非難が殺到したのでしょうか?

実はこの舞台挨拶のゲストの詳細については、事前に明かされていなかったのです。

そのため、映画のファンは同作の出演俳優や吹き替え版を担当した声優の登壇を期待している人も多くいました。

ところが、サプライズで登場したのは主題歌を歌うストーンズ。

生中継先の映画館ではがっかりして途中退席する観客がいたということです。

それが理由で、炎上をしてしまいました。

ストーンズが批判される理由

ストーンズがここまで批判される理由はなぜでしょうか?

実は以前、同作のジャパンアンバサダーと主題歌を関ジャニ∞が務め、炎上していることが関係しています。

「スパイダーマン」シリーズでは、過去にもジャニーズのグループが主題歌を務めたことがありました。

2017年に公開された「スパイダーマン:ホームカミング」では、主題歌を関ジャニ∞が務めています。

同作の舞台挨拶では映画の放映前に関ジャニ∞の主題歌生歌唱がありました。

しかしライブが終わると、関ジャニファンが映画上映を待たずして半分以上が退席してしまう事態に。

これには映画のファンも「本当に映画をみたかった人に譲ってほしかった」と不快感を覚えることになりました。

この時から一部の映画ファンの間ではジャニーズの印象が悪くなったようです。

また、映画に関する話題で関ジャニ∞メンバーの発言も問題視されていました。

渋谷すばるさんは、自身のライブツアーの公演中に失言をしてしまいます。

映画の出演者であるロバート・ダウニー・Jr.のことを“なんとかロバート”と呼んでしまったのです。

また同作と同じ「マーベル・コミック」原作の他作品を“見ていない”との発言もありました。

そのため、最新作の吹き替え版主題歌をストーンズが担当すると発表された瞬間から、映画ファンからの批判が相次ぎます。

このような理由で、過剰に炎上してしまったストーンズ。

彼ら自身には大きな失敗はないだけに、何だかかわいそうな気持ちになってしまいます。

スパイダーマンにストーンズの曲は合わない?

スパイダーマンの映画にストーンズの曲が合わないという声もあるようです。

実際はどうなのでしょうか?

主題歌である「Rosy」は、スパイダーマンをイメージしながら制作されています。

ロックで疾走感のある楽曲となっており、振り付けや歌詞もスパイダーマンをイメージした部分があるそうです。

映画の雰囲気を大切にしながら、それに合わせて楽曲が丁寧に制作されています。

インターネット上では、主題歌が合っていないという意見も多くあるのも事実です。

しかしそれはジャニーズだから批判されているという部分が大きいのではないでしょうか?

賛否両論あるようですが、映画ファンもこれをきっかけにストーンズに興味を持ってくれる方がいると良いですね。

ストーンズが選ばれたのはなぜ?

前回関ジャニ∞が主題歌に起用された時は、メンバーの失言もあり大炎上してしまいました。

しかし今回もジャニーズタレントがオファーされました。

マーベルとジャニーズ、レーベルのソニーの間で、

何らかの繋がりや

契約があると思われます。

そんな状況を知ってか、今回はストーンズのメンバーも慎重になっているそうです。

田中樹さんは、「みなさんが映画の余韻に浸ってるところお邪魔して申し訳ないですけど・・」と丁寧に挨拶。

また京本大我さんはもともとスパイダーマンの大ファンであるそうです。

舞台挨拶ではマーベル作品への深すぎる愛を語った京本さん。

「これは現実なのかって戸惑ってしまうくらい本当にうれしかったです」

と、想いの本気度を明かしています。

他のメンバーも作品について京本さんから事前に学んでいたそうです。

そんな姿勢に、舞台挨拶を最後まで観た映画ファンからはストーンズに好感を持ったという声も上がっていたようです。

スパイダーマン関連記事一覧

スパイダーマンに関する記事はまだまだたくさんあります!気になるものをクリックするべしー!

出演者・キャラ関連記事


スパイダーマン

メリージェーン

ベンおじさん

ハリーオズボーン

編集長

ハッピー

デッドプール

デアデビル

レオパルドン

 敵・ヴィラン関連記事


ドクター
オクトパス

ノーマン
オズボーン
(ゴブリン)

ヴァルチャー

マックス
(エレクトロ)

キングピン
作品について

まとめ

ということでこの記事では

  • スパイダーマンの舞台挨拶でストーンズが炎上した?
  • 舞台挨拶にストーンズの登場で最悪の事態に!
  • ストーンズが批判される理由
  • スパイダーマンにストーンズの曲は合わない?
  • なぜストーンズが選ばれたのか?

以上についてお伝えしました。

Q.スパイダーマンの舞台挨拶でストーンズが炎上した?

→多くの方々がサプライズゲストとして吹き替え担当の声優さんが登場すると予想。

しかしストーンズが登場したことで、がっかりするファンが多かった

Q.ストーンズが批判される理由

→過去に関ジャニ∞の舞台挨拶や失言で大炎上。

結果的にストーンズにも飛び火する事態に。

Q.なぜストーンズが選ばれたのか?

→ジャニーズタレントへのオファーは今回が2度目。

マーベルとジャニーズ(ソニー)に何らかの関係性や契約があると予想。

過去に関ジャニ∞がスパイダーマンの主題歌を務めた際、メンバーの問題発言もあり、当時は大炎上。

その影響もあって、さらに炎上してしまったストーンズ。

しかし、舞台挨拶では謙虚な姿勢を見せており、好感を持った方々も多くいるのではないでしょうか?

この映画をきっかけに、ストーンズの魅力に気づく方が増えると良いですね。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!