スパイダーマン

トムホランドが演じるスパイダーマンが初登場した作品は?なった理由やいつからなのか調査!

トムホランドが演じるスパイダーマンが初登場した作品は?なった理由やいつからなのか調査!-1

MCU版「スパイダーマン」はイギリスの若手俳優であるトム・ホランドが演じています。

彼が演じるスパイダーマンからMCUに初めて登場することになります。

では、トム・ホランドが演じるスパイダーマンが初登場した作品は何なのでしょう?

また、トム・ホランドがスパイダーマンになった理由とは何なのでしょうか?

そこでこの記事では

  • トムホランドが演じるスパイダーマンが初登場した作品は?
  • トムホランドがスパイダーマンになった理由

以上についてお伝えしていきます。

トムホランドが演じるスパイダーマンが初登場した作品は?

3代目となる親愛なる隣人スパイダーマンに抜擢されたのは、イギリスの若手俳優であるトム・ホランドです。

そんなトム・ホランドが演じるスパイダーマンが初登場した作品は何なのでしょう?

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

になります。

シビル・ウォー以前はアイアンマンとキャプテン・アメリカはアベンジャーズとして共に戦う戦友でした。

ですが「ソコビア協定」に賛成派のアイアンマンと、反対派のキャプテン・アメリカは対立することになったのです。

その賛成派であるアイアンマンにスカウトされて、スパイダーマンは「ソコビア協定」賛成派側につくことになります。

空港へ向かうキャプテン・アメリカをアイアンマンは待ち伏せしていました。

そこでアイアンマンは「レオタード君!!」とスパイダーマンを呼びます。

キャプテン・アメリカの盾をウェブシューターで奪いカッコよくスパイダーマン登場となるわけです。

レオタード君って・・・(笑)。

アニメ「キャッツアイ」じゃないんだから(笑)。

だけど、このシーンでアベンジャーズのシリーズに、ようやくスパイダーマンが登場してきたと言うことで嬉しく感動しました。

予告でもこの登場シーンは何度も見ていましたが、ワクワクが止まらなかったのを今でも覚えています。

アイアンマンはなぜスパイダーマンをスカウトしたのか?

シビル・ウォーとは内戦を意味します。

元々味方だったアベンジャーズの仲間たちが内戦を繰り広げてしまうストーリーとなっています。

ですが、彼らはスーパーヒーローなので相手を傷つけたくない、殺したくはないと考えています。

そこでトニー・スタークはキャプテン・アメリカたちを傷つけず捕獲できる方法を考えました。

そこで白羽の矢がたったのがウェブシューター(糸)を使うスパイダーマンでした。

スパイダーマンのウェブシューターを利用して彼らを傷つけずに捕獲する作戦をたてたのでした。

というのをシビル・ウォーのプロデューサーが来日時に発言したようです。

トムホランドが演じるスパイダーマン作品

シビル・ウォーからトム・ホランド演じるスパイダーマンがMCU作品に登場したのですが、そのほかの作品はどうなっているのでしょう?

スパイダーマン単独作品は3作品アベンジャーズシリーズ作品も3作品に登場しています。

作品名は以下の様になります。

スパイダーマン単独作品

スパイダーマン:ホームカミング(2017)
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019)
スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021)

アベンジャーズシリーズ作品

シビル・ウォー/キャプテンアメリカ(2016)
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018)
アベンジャーズ/エンド・ゲーム(2019)

この様になっております。

今後、他のヒーローの作品にも登場するかも知れませんが、まだ特に情報はありません。

個人的にはヴェノムかデッドプールの作品に登場してほしいです。

トムホランドがスパイダーマンになった理由

実はトム・ホランドはスパイダーマンを演じる以前は、これと言って代表作も無くほぼ無名でした。

そんなトム・ホランドがなぜスパイダーマンに抜擢されたのでしょう?

トム・ホランドがスパイダーマンになった理由は?

優秀な俳優としての才能

スタントパフォーマー

としての両方の能力を持っていた

だからだと言われています。

これは、制作プロデューサーのケビン・ファイギ氏がインタビューで発言しているようです。

スパイダーマン役の候補者は5人いたらしく、撮影現場に呼び台本の読み合わせをやったようです。

その中の1人がトム・ホランドというわけです。

アイアンマン役であるロバート・ダウニー・Jr。

トム・ホランドと初めて交流した際に強力な化学反応が起きたかの様に思えたそうです。

それはまさに、トニー・スタークとピーター・パーカーそのものだったようです。

それを見てケビン・ファイギは「ビビビッ」って電気が走ったのでしょうね。

また、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンスの目の前で大宙返りをしたようで、周囲を驚かせたようです。

これが、スタントパフォーマーとしての能力の高さなのでしょうね。

実際、かなり身体能力が高い様です。

ちなみに、緊張の余りロバート・ダウニー・Jrとスタッフを間違えて挨拶に行ったと言うエピソードもあるようです。

スパイダーマン関連記事一覧

スパイダーマンに関する記事はまだまだたくさんあります!気になるものをクリックするべしー!

出演者・キャラ関連記事


スパイダーマン

メリージェーン

ベンおじさん

ハリーオズボーン

編集長

ハッピー

デッドプール

デアデビル

レオパルドン

 敵・ヴィラン関連記事


ドクター
オクトパス

ノーマン
オズボーン
(ゴブリン)

ヴァルチャー

マックス
(エレクトロ)

キングピン
作品について

まとめ

と言うことでこの記事では

  • トムホランドが演じるスパイダーマンが初登場した作品は?
  • トムホランドがスパイダーマンになった理由

以上についてお伝えしてきました。

Q.トムホランドが演じるスパイダーマンが初登場した作品は?

→シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

Q.トムホランドがスパイダーマンになった理由

→優秀な俳優としての才能とスタントパフォーマーとしての両方の能力を持っていた

シビル・ウォー公開前当時、予告映像でスパイダーマンが出てきて興奮したことを今でも覚えています。

今となってはスパイダーマンがアベンジャーズの一員であることが当たり前ですが、当時はホントにワクワクしました。

トム・ホランドもスパイダーマンとしてかなりマッチした俳優だと思うし最高です。

スパイダーマンは若い俳優じゃないとできませんしね。

マイティ・ソー役のクリス・ヘムズワースじゃ顔はカッコよすぎるし、どう考えても高校生じゃないですもんね(笑)。

最後までお読みいただき

ありがとうございました!